マヌカハニー、ジンジャーシロップやペーストなどのしょうが製品、ハーブティなどをライフスタイルに合わせてご提案

ヴェーダ ヴィ 【Veda Vie】

3,240円以上で送料無料

こんにちはゲスト様

  • ログイン
  • 新規会員登録

カートを見る

アロマテラピーの楽しみ方

毎日を変える、植物のチカラ。

  • 精油成分の体内での3つの働き
  • アロマテラピーの活用場所
  • アロマテラピーの使用方法
  • おすすめのアロマテラピー活用法

アロマテラピーとは アロマテラピーとは、植物から抽出した天然のエッセンシャルオイル(精油)を使った芳香療法のこと。嗅覚による「吸入」と皮膚からの「経皮吸収」、おもに2つの方法でその効果を心身に取り入れます。

吸収

吸入で取り入れた芳香成分は、嗅覚により「香りの信号」となって脳の中枢へ。ここから指令が送られ、心身に働きかけます。そして、イライラ・憂鬱などのストレスを癒したり、ホルモン分泌を調整するなどの効果を発揮。殺菌や感染予防にも役立ちます。

経皮吸収

マッサージなどによって経皮吸収された芳香成分は、皮膚の奥深くに浸透。体液・血液・リンパ液にのって、全身に働きかけます。その結果、カラダの疲れを癒したり、新陳代謝を促進。肌の老化予防やダイエットなどをサポートします。

精油成分の体内での3つの働き

精油がカラダに作用するルートは「鼻から」「肺から」「肌から」の3つがあります。それぞれどのような伝わり方をして、チカラを発揮するのでしょうか?

鼻から神経系、脳内に。

私たちが一般的に香りをかいで、得られる作用は、このルートからです。鼻から吸い込まれた芳香成分は鼻の奥にある嗅上皮に取り込まれ、信号として脳に伝わります。そして感情や欲求に深い関わりのある大脳辺縁系に向かい、自律神経をコントロールしたり、体温やホルモンの調整をする、視床下部へと伝達されます。大脳辺縁系から視床下部の関係は、ココロの動きが、カラダに影響を与える重要なルートであり、精油の成分はそのルートでチカラを発揮するのです。【※嗅細胞が活性化し、認知機能が向上すると言われる"頭イキイキセット"はこちら

肺から、血液を通じて、全身に。

蒸気吸入した場合がこのルートです。呼吸とともに肺へ入った芳香成分は、肺胞という器官の粘膜から、血液にのって体内の組織器官に運ばれてチカラを発揮します。抗菌作用や殺菌作用のある精油を吸入することで、風邪などの予防などにも効果があります。

皮膚から血液、リンパにのって全身に。

アロママッサージやアロマバスなどがこのルートです。精油はとても小さな分子で構成されているため、芳香成分が皮膚から吸収されて血管を通って全身を巡り、各組織に働きかけます。又、皮膚にも芳香成分が直接働きかけるため、美容の面でも非常に効果的です。

PAGETOP

アロマテラピーの活用場所

アロマテラピーはこのような場所で利用されています

ココロとカラダの健康維持に

日常生活で感じる下記のような悩みのアロマが活用されています。 ストレス・不眠・ダイエット・カゼ、インフルエンザ予防・花粉、アレルギー対策・女性の悩み・冷え、肩こり・便秘など胃腸系不調

エステやマッサージなどのサロンで

エステティシャンやマッサージ師、鍼灸師が、施術を効果的にするために、肌や、カラダのマッサージや塗布に取り入れています。マッサージオイルなどを利用することにより、ご自宅で手軽に、エステ気分を満喫できます。

病院での介護の補助に

病院での治療を円滑かつ、効果的にするため、医療サービスの一環としてアロマテラピーを活用する病院も増えています。

PAGETOP

アロマテラピーの使用方法

アロマランプ

香りを深呼吸して、毎日を快適に。

アロマランプやルームスプレーを活用して香りを広げ、植物の芳香効果をふんだんに取り入れてください。心身のリラックス&リフレッシュ、不眠解消や風邪などの感染予防に。

<用意するもの>

  • エッセンシャルオイル
  • アロマランプ
  1. イメージ

    1.アロマランプをコンセントにセットします。

  2. イメージ

    2.アロマランプに水を張り、エッセンシャルオイルを4〜5滴落としてスイッチを入れます。

  3. イメージ

    3.お部屋でゆったりと過ごしながら香りを吸い込みます。

※香りが広がりにくい時は、アロマランプに水を張らずにエッセンシャルオイル5〜10滴を落してお使いください。

ルームスプレー

<用意するもの>

  • エッセンシャルオイル4滴
  • 無水エタノール15ml
  • 水(できれば精製水)5ml
  • スプレー容器
  1. イメージ

    1.スプレー容器に無水エタノールを入れます。

    2.1にエッセンシャルオイルを入れます。

    3.精製水を加えます。

  2. イメージ

    4.スプレー容器を振り混ぜます。

  3. イメージ

    5.部屋全体にシュッとひと吹きしてリフレッシュします。

アロマバス

バスタイムに、疲れをほぐす。

お湯につかって柔らかくなった皮膚は、エッセンシャルオイルが浸透しやすい状態。
また香りの吸入効果も相まって、疲れが癒されます。むくみ・冷え・肩こりの解消・ストレス緩和に。

<用意するもの>

  • エッセンシャルオイル
  • バスソルトなどのバス剤
  • 水(できれば精製水)5ml
  • スプレー容器
  1. イメージ

    1.バスソルトなどのバス剤を適量取り分けます。

  2. イメージ

    2.1にエッセンシャルオイル5滴を加えて、よく混ぜます。

  3. イメージ

    3.お湯をはったバスタブに入れ、入浴します。

マッサージオイル

肌に塗って、美しく健康に。

キャリアオイルで薄めたエッセンシャルオイルを皮膚に塗布してマッサージ。
効果が皮膚から浸透して、やさしく働きかけます。
ダイエット&スキンケア・肩こりの解消などに。

<用意するもの>

  • エッセンシャルオイル
  • キャリアオイル(天然の植物油)
  • ビーカーor 計量スプーン
  1. イメージ

    1.必要な分量のキャリアオイルを計量します。

  2. イメージ

    2.エッセンシャルオイルを1に混ぜます。

    ※目安/キャリアオイル10mlに対して、エッセンシャルオイル2滴

  3. イメージ

    3.皮膚にマッサージするようになじませてください。

その他お手軽なアロマの楽しみ方

フェイシャルスチーム

洗面器に80℃くらいの熱めのお湯を入れ、ラベンダーなどスキンケア効果のある精油を1〜2滴たらします。洗顔後、乾いたバスタオルを頭からかぶって洗面器を覆うようにし、目を閉じて蒸気を吸い込みます。最後に冷水で肌の引き締めをお忘れなく。


ティッシュに

外出先でもアロマをお楽しみいただけます。まくら元に置いても◎

◆おすすめの精油◆
花粉の時期には、ミントやユーカリを。オヤスミ前には、ラベンダーを。

扇子に

扇ぐたび、アロマテラピーをお楽しみいただけます。

◆おすすめの精油◆
お仕事中には、ローズマリー、ミントなどをイライラするときには、ベルガモット、ラベンダーなどを。

お掃除に

ぞうきんやふきんのお水やお湯に精油を1滴。ほのかな香りが広がります。

◆おすすめの精油◆
オレンジ 誰からも好かれる香り。汚れを落とす力もあります。(布に着色する場合があります)

くつ箱に

ティッシュに精油を含ませ、くつ箱の片隅に。不快な香りが快い香りに

◆おすすめの精油◆
ラベンダー+お好きな香り(ラベンダーは消臭にも役立ちます)

名刺や手紙に

精油を含ませたティッシュをレターセットや名刺と一緒に。受け取り手に印象付けられます。

PAGETOP

おすすめのアロマテラピー活用法

ブレンドをおすすめ

精油はブレンドすることにより、相乗効果が期待できます。好きな香りの精油をベースに、必要な効能の精油をブレンドしても。

ヘルシーアップ

シーンや気分、お悩みに合ったアロマテラピーを続けることで、よりヘルシーで快適な生活につながります。

おすすめのアロマテラピー活用法

エッセンシャルオイル使用上のご注意
  • * 体質や体調によっては、ご使用を避けた方がよいエッセンシャルオイルもあります。必ず注意事項を確認の上、ご使用ください。
  • * 原液を直接皮膚につけたり、内服するのは避けてください。
  • * 柑橘系(ベルガモット・レモンなど)のエッセンシャルオイルは、皮膚につけたまま日光を浴びると炎症を起こす特性(光感作)があります。ご注意ください。

アロマ製品使用上の注意
  • * 必ずパッチテストをしてからご使用ください。
アロマオイル一覧はこちら

PAGETOP